品川近視クリニックの適性検査

ステップ1:角膜の屈折率や形状、厚みや眼圧、視力検査を行います

適正検査は、視能訓練士という国家資格を持つ検査員が最新の機器を使用して行います。
まず近視や乱視などの度合いを調べ、角膜の形を正確に把握するために角膜の屈折率や形状を測定する検査を行います。
それから角膜内皮の細胞数や厚みなどを測定し、眼の硬さを調べる眼圧検査や視力検査などを順次行います。
すべての検査は、手術で正確にレーザーを照射し最適な視力矯正を行うためにとても重要です。

ステップ2:散瞳後、さらに角膜の形状等を詳しく検査します

適正検査は、次に点眼薬で瞳孔を開いてより眼の中を検査しやすい状態にしてから、再度細かな検査が行われていきます。
点眼薬で瞳孔を開く際には、少し違和感はありますが痛みはないので心配はいりません。
角膜の形状を調べたり、細かな部分の角膜の歪み具合を調べる波面収差検査や超音波を使用した角膜の厚み測定検査などを行い、検査項目は終了となります。

ステップ3:検査データを基に眼科専門医による診察が行われます

視能訓練士による適正検査が終了すると、眼の中に異常がないか、病気にかかっていないかなどの医師による眼の診察が行われます。
検査データと診察を基に、最終的にレーシックによる視力矯正の適否が医師により判断されます。
万一通常のレーシックが適さなくても、品川近視クリニックでは他にも様々な術式があるためで、他の術式で視力矯正が可能な場合もあります。
レーシック手術が可能な場合は、手術日を決定して予約をとります。

注意点:検査当日は車の運転を控え、服用中の薬名をメモして持参

適正検査では、瞳孔を開いて行う検査があります。 瞳孔を開くと視界が少しの間ぼんやりしたり、見えにくくなるため、帰りに自分で車を運転するのは危険です。
検査当日は、送迎を頼むか電車やバスなどで来院するよう気をつけて下さい。
また、受付で服用中の薬があれば薬名を記入する必要があるので、前もって薬名をメモして持参すると良いでしょう。

注意点:手術までコンタクトレンズの装着は一定期間中止します

適正検査が終わり手術日が決まったら、検査前と同様に手術日までコンタクトレンズの使用制限があるので注意しましょう。
手術前にコンタクトレンズを装着していると角膜が変形してしまい、検査データに基づく手術が的確に行えなくなるばかりか、視力回復にも影響が出ます。
ソフトコンタクトレンズは手術日の1週間前から、ハードコンタクトレンズなら手術日の3週間前からそれぞれ装着をやめる必要があります。
万一忘れていたり、やむをえず手術前にコンタクトレンズを使用した場合は、手術前にクリニックに必ずその旨を伝えましょう。

品川近視クリニックメニュー

品川近視クリニックのレーシック適応検査予約の申し込み方法リンク