品川近視クリニックのレーシック手術

ステップ1:麻酔後、専用機器を用いてフラップの作成を行います

手術の前に再度簡単な診察を行い、眼に異常がないかを確認したら、まず点眼タイプの麻酔を行います。
そして、眼を開けた状態で固定する専用器具を使って開眼した状態にし、角膜の表面にレーザーを照射してふたとなるフラップを作成します。
品川近視クリニックでは、フラップの作成に世界的に承認されている高性能の最新レーザーを使用しているので、滑らかで精度の高いフラップが作れます。

ステップ2:フラップをめくり、角膜を矯正するレーザーを照射します

手術はフラップを作成したらめくり、角膜にレーザーを照射するという流れで進み、レーザーで角膜の屈折率を調節し視力矯正を行います。
品川近視クリニックでは性能に優れたレーザーを使用しているので、より的確な位置への照射が可能となり、照射時間も数秒で済むので眼にかかる負担もかなり軽減されています。
さらに、レーザーの出力を微調整するコンディションメーターという機能が付いているので、より安全にレーザー照射が行えます。

ステップ3:フラップを閉じて、消毒したら手術完了です

レーザー照射が終わってフラップを閉じると、自然に角膜にフラップが接合します。
水分や異物などをキレイに洗い流して消毒したら手術完了となります。
手術後は15分ほど体を休め、異常がなければそのまま帰宅できるため、入院しなくても済みます。
術後は眼がヒリヒリしたり、違和感があるかもしれませんがしばらくすると自然に消えます。
術後は、医師から眼を清潔状態に保ち角膜の回復を促すため、点眼薬や内服薬などが処方される場合もあるので、忘れないように受け取って帰宅し、用法通りに使用して下さい。

注意点:手術当日は車の運転やメイクなどを控えましょう

術後は15分位横になって休みますが、視界がはっきりしていない場合が多いので車を自分で運転して帰宅することはできません。
手術当日は、検査日と同様に送迎をしてもらうか公共の交通機関を利用して来院するようにして下さい。
また、整髪料やメイク、香水などは手術の際に眼に入る可能性があるなど、手術の安全性に影響があるため、手術当日は使用を控えて下さい。

注意点:術後は、仕事や入浴など日常生活に注意が必要です

手術後は、角膜の抵抗力が落ち、眼の状態が安定していないため、日常生活では様々な制限があります。
軽度な仕事はできますが、体を動かしたりパソコン画面を長時間見るような仕事は術後3日間は控える必要があります。
入浴やメイクは術後2日目から、アイメイクや飲酒などは1週間後から可能となります。
入浴では眼に水を入れないよう、メイクも眼に化粧品を入れたり傷つけないよう気をつけて下さい。
スポーツについては軽いものなら1週間位で始められますが、水泳や球技などは1ヶ月後からになります。
また、術後1週間程度は、寝る際に眼を保護する眼帯を使用することになります。

品川近視クリニックメニュー

品川近視クリニックのレーシック適応検査予約の申し込み方法リンク