品川近視クリニックの定期検診

ステップ1:手術の翌日に1回目の検診を受けます

まず、レーシックの手術を受けた翌日に1回目の定期検診があります。
医師が眼の状態を丁寧に診察し、術後合併症などにかかっていないか等を確認します。
視力は徐々に回復していますが、手術を受けたばかりで眼の状態はまだ安定していないので、眼を保護するような生活を送る必要があります。
角膜の抵抗力が落ちているため、医師が処方した眼を清潔に保つ点眼薬や保護用のメガネは引き続き使用することになります。

ステップ2:2回目の検診は、手術の1週間後に行われます

術後2回目の定期検診は、1週間後に行われます。
医師の診察では、眼の状態に異変がないかフラップはしっかり接着しているかなどを1回目と同じように細かく診ていき、視力の回復具合も検査します。
術後1週間経つと、眼の状態はだいぶ落ち着いてきますが、医師の指示に従って眼に刺激や衝撃を与えないないよう気をつける必要があります。

ステップ3:術後3ヶ月が経ったら、3回目の定期検診を受けます

3回目の定期検診は、術後3ヶ月目に行います。
レーシックの定期検診は全3回で3ヶ月目が最後ですが、他の術式ではさらに半年後まで、4回から6回程度検診が行われます。
医師による最終確認として眼の状態をチェックし、視力の回復状況も検査していきます。
術後3ヶ月経つと眼の状態もほぼ安定し、品川近視クリニックでは1.0以上視力回復できたという方がほとんどで、3ヶ月検診を終えるとレーシックは全て終了ということになります。
なお、3回分の定期検診や術後に処方される点眼薬などは、すべて手術費用に含まれています。

注意点:定期検診は3回とも必ず受診しましょう

レーシックは施術を受ければ終わりというわけではありません。
術後は角膜の状態が安定していないため、眼のケアを怠ると病気にかかったり、眼に衝撃を与えるとフラップがずれてしまことがあります。
定期検診は、術後の眼の状態や視力の回復具合などをチェックするのに欠かせません。
自分では眼に異常が感じられなくても、医師による診察を受けていれば安心感もあります。 術後の定期検診を忘れないよう、また、面倒だと思わず受診するようにして下さい。

注意点:眼に異常があれば、検診時以外に早めに受診しましょう

術後はすぐに視界がはっきりするというわけではなく、まだまだ眼の状態は安定していません。
定期検診は手術の翌日から3回あります。
しかし、その間に眼をどこかにぶつけてしまった、入浴時に眼に水が入ってしまったなどで眼が腫れたり、痛みがひかない場合などは検診まで我慢するのではなく、早期に医師の診察を受けて適切なケアをする必要があります。
もしも、術後視力が前の状態に戻ってしまい医師の判断で再手術が必要となっても、各施術についている保証期間内なら、1回は無料で施術が受けられます。

品川近視クリニックメニュー

品川近視クリニックのレーシック適応検査予約の申し込み方法リンク